中学受験にはどれくらいのお金がかかる?

中学受験の費用には塾だけでなくそれ以外にもたくさんの費用がかかってくることはご存知ですか?受験はゴールではなく入学してからもかなりの金額がかかります。金額を抑えるために特待生や奨学金についても調べて検討しておきましょう。

中学受験にかかる金額は、平均250万円~400万円、世帯年収によって差があるようです。受験にあったて最もお金がかかるのは塾費用です。これが200万円~300万円。内訳は通常の授業料、季節ごとの講習費、個別指導や苦手克服の特別カリキュラム、テキスト代といったところです。それ以外にも塾への交通費、携帯の通信料、書籍購入費、文房具代もかかってきます。また受験が始まると受験料が1校あたり平均2.5万円、5校前後受けるのが平均として12.5万円~17万円程かかります。その際距離的に遠い学校であれば前泊する宿泊料、合格した学校を抑えておく延納金がかかってきます。延納金は30万円ほどかかる学校もあるようなので決して安い金額ではありません。

このような受験にかかる費用を抑えるのに、塾が実施するテストなどを受け上位の成績者となり特待生となる方法があります。塾によって制度が違いますのでまずは問い合わせてみると良いでしょう。

また受験が終わって晴れて私立校に入学した後も、入学金や高額な授業料などがかかってきます。そういったことも踏まえて受験を検討された方がよいです。ただ、学歴が将来の賃金に関わってくるというデータもありますので、親御さんとしては少々無理をしても受験させたいと思ってしまうでしょう。まずは特待生や奨学金などの制度を調べてみましょう。

受験にかかる費用は公立の学校に通い続け受験なしのお子さんの13倍かかる計算となります。かけようと思えばいくらでもかけられる中学受験、今回はそれにかかる費用のお話でした。

中学受験専門の家庭教師派遣【麻布個人指導会】